WIT STUDIO

menu

社員インタビュー

先輩社員インタビュー(8)

成瀬晃一

制作デスク

先輩社員インタビュー(8)成瀬晃一 制作デスク

あなたの現在の仕事内容を教えてください。

制作デスクをしています。話数全体の進捗、それぞれの担当進行さんの管理、メインスタッフの管理等、やろうと思えばどこまででもやれるのがデスクのお仕事かなと思います。
責任は制作進行より重くなるのですが、メインスタッフのアテンドや監督とのやりとり等、作品全体のクオリティーに直接関わる内容も増えています。
ただ、制作進行の時と比べると作画さん1人1人と直接お話しする機会は減ってしまうので、そこは少し寂しいです。

今まで仕事をしてきた中で、一番印象に残っている出来事を教えてください。

月並みですが、やはり初めて制作進行として受け持ったタイトルはよく覚えています。当時は覚えることしかなく不安しかありませんでしたが、だんだんと仕事の楽しさや、やりがいを覚えてきたかなと思います。
TVシリーズではクオリティーの大部分を決めるのは制作だと思っているので、決めたいカットをかっこよく色が付けられた時は、やったなと思います。

あなたの現在の仕事の「やりがい」を教えてください。

上記にもありますが、作品のクオリティーを上げるのも下げるのも制作の力量次第です。もちろんクリエイターさん達のお力があってこそですが、クリエイターさん達に気持ちよく仕事をしてもらうのも、終盤でスケジュールを破綻させないように立ち回るのも制作の重要な仕事。
 デスクになった現在では、作品全体のクオリティー底上げの為のスタッフ配置に重点を置いていて、それが上手くハマった時はやりがいを感じます。

入社する前と現在で、仕事に対するイメージが変わりましたか?

僕は中途入社で別のアニメ制作スタジオから入ってきたのでこれは以前勤めていた会社との違いになるのですが、ウィットスタジオは自分のやりたいことをすごく大切にしてくれる会社だなと思いました。
若い会社で、それでいて規模も大きいので、より自分が適応できる現場や仕事内容につけるよう頑張ってもらえるのを感じます。

自身の将来の夢や目標について教えてください。

これは将来的にウィットスタジオを出ることになってしまうかもしれないのですが、自分の会社を持ちたいです。僕をアニメに誘ってくれたクリエイターと二人で立ち上げて、自分たちのオリジナル作品を作れたら悔いは無いと思っています。
 ひとまずは、プロデューサーになって良い作品を作り切るのが目標です。そこからだんだん準備していけたらいいなと思っています。

WIT STUDIOを応募される方にメッセージをお願いします。

ご存知の通り、大変な作品を多く作っている会社ではあるので、他の会社に比べて大変なことも多いかもしれません。ただ、他の会社には無い楽しさも絶対にあるので、一度飛び込んでみるのもいいかもしれません。
若くて勢いのある会社も少ないので、これから頑張っていく方にはお勧めです。
ご一緒できるのを楽しみにしています。