先輩社員インタビュー 中愛夏 デジタル動画仕上先輩社員インタビュー 中愛夏 デジタル動画仕上

あなたの現在の仕事内容を教えて下さい。

あなたの現在の仕事内容を教えて下さい。

先輩社員インタビュー 中愛夏 デジタル動画仕上

特殊効果をメインに動画、動画検査、仕上げをしています。
まず【特殊効果】という作業について簡単に説明します。アニメを作る工程の一つに仕上げという作業があります。 仕上げというのは、キャラクターに色を塗ることです。 その素材に特殊な処理をのせディティールアップさせる作業を【特殊効果】といいます。 『進撃の巨人』では【生類視覚効果】、『恋は雨上がりのように』では【スペシャルファンデ】という形で参加しました。
また、アニメーターとしては欠かせない動画についても少しお話したいと思います。 動画は、キャラクターの動きを滑らかにするために絵と絵の間に動きを描く仕事です。 ただ線をなぞっていくだけでなく、キャラクターの動きを考えながら描いていく必要がある為、線一本で絵が変わってしまう重要な行程です。 アニメーターの初めの仕事は、動画から始めることが多いです。

 

今まで仕事をしてきた中で、一番印象に残っている出来事を教えて下さい。

今まで仕事をしてきた中で、一番印象に残っている出来事を教えて下さい。

先輩社員インタビュー 中愛夏 デジタル動画仕上

『甲鉄城のカバネリ』で動画をやっていた時が自分にとって一番濃い期間でした。
社内で動画の仕事に関われる人間が限られており、リテイク対応に追われていました。 当時、リテイクはデジタルでの対応が多く、紙に直接リテイクを書き込む担当が自分しかいなかったので自分が体調崩したりして倒れたら紙で作業する人が居なくなる…!というプレッシャーと戦いながら作業をしていました(笑)
今思えば、そのおかげで描くスピードや技術のスキルアップができたのでいい経験になったと感じています。

 

あなたの現在の仕事の「やりがい」を教えてください

あなたの現在の仕事の「やりがい」を教えてください

  先輩社員インタビュー 中愛夏 デジタル動画仕上

今担当している特殊効果の処理は、作品の中の重要な見せ場やキーポイントになるシーンで、キャラの魅力や臨場感を引き出すため入れることが多いです。
作品の雰囲気を壊さずに、いかに視聴者にその意図を伝えられるのかという事を考えながら作業しています。
自分の描いた画面がそのまま映像として流れるので、やりすぎた!と思うこともあればもっと処理を入れれば良かったなと毎回反省しながら、次はどんな風に表現しようかと試行錯誤することにやりがいを感じています。

入社する前と現在で、仕事に対するイメージが変わりましたか?

入社する前と現在で、仕事に対するイメージが変わりましたか?

先輩社員インタビュー 中愛夏 デジタル動画仕上

正直言うと変わっていません。今でも仕事をしながら色んなものにアンテナを張って努力しつづけなければならないと思っています。
自分は特別絵が上手いとかセンスがあるという強みが無いので、すぐに周りに置いて行かれてしまうのではと緊張する毎日です。
その分、カットの演出意図を確実に拾って効果的な仕事をこなせるよう心がけています。

自身の将来の夢や目標について教えてください

自身の将来の夢や目標について教えてください

先輩社員インタビュー 中愛夏 デジタル動画仕上

特殊効果自体、まだまだ未熟なのでもっと技術を磨いて自分自身の仕事に自信を持ちたいです。自信が持てるようになったら、作品企画段階から参加させて頂き、自分から処理に対してアプローチが出来るようになりたいと思っています。

WIT STUDIOを応募される方にメッセージをお願いします。

自分は元々、動画マンとしてWITに入りました。まさか特殊効果の仕事をするとは想像もしていませんでした。
入社時と目標は変わりましたが、アニメーターという立場で特殊効果に携わっていることに好奇心や楽しさを感じています。 ひとつのセクションに囚われず色んなことに挑戦させてもらえるのはWITに入ったからこそ出来る事だと思います。
自分が「やりたい!」という強い意思があれば、ちゃんと受け入れてくれる会社なので、色んなことに興味ある人に来て頂きたいです。

ページTOPへ