先輩社員インタビュー(1)田村大輝 制作進行先輩社員インタビュー(1)田村大輝 制作進行

 

あなたの現在の仕事内容を教えて下さい。

あなたの現在の仕事内容を教えて下さい。

 
  先輩社員インタビュー(1)田村大輝 制作進行

絵コンテが完成し、アニメーターの方々へ仕事の依頼をする所から、制作進行の仕事が始まります。資料を送りつつ制作スケジュールをお伝えして、引き受けていただけた方に作業に入ってもらいます。
そして、提示したスケジュールに沿ってレイアウト・原画を集め、演出・作画監督などのチェックを行うスタッフに渡していきながら、背景・動画・仕上げ・CG・撮影・編集といった、原画以降の完成に向けて各工程の責任者と打合せを行い、更にスケジュールの調整などを進めていきます。
一旦完成した映像に対して監督や演出の意図通りの内容になったか、ミスがないかを主要なスタッフと共にラッシュチェックで確認し、再作業が必要であればその手配を行います。
制作進行は担当する作品・話数の制作が開始してから完成するまで、通して関わる事になり、「各工程をつなぐ役割」を担うことになります。

 
 

今まで仕事をしてきた中で、一番印象に残っている出来事を教えて下さい。

今まで仕事をしてきた中で、一番印象に残っている出来事を教えて下さい。

 
 

紙に描かれた線画を確認した時には動きを感じる事ができなかったのが、カッティング(アフレコ前に行われる編集作業)で一本の映像になったものを見た時に、1枚1枚の絵が繋がって動きのあるアニメーションになるんだというのを実感できた事が、特に印象に残っています。
また、ダビング(セリフや音楽、効果音などをつける作業)でキャラクターの足音や布の擦れ音がついた映像を見た時は一気に完成に近付いた印象で、アニメは映像と音、どちらも同じくらいに重要だと実感しました。

 
 

あなたの現在の仕事の「やりがい」はどんな点だと思いますか?

あなたの現在の仕事の「やりがい」はどんな点だと思いますか?

 
  先輩社員インタビュー(1)田村大輝 制作進行

事前の段取りや必要な情報を的確に伝える事で、スタッフを待たせたり何度も問い合わせを受ける状況に陥らないようにするなど、仕事しやすい環境を整えられるのは制作進行だけだと思うので、そこはやりがいだと思っています。
自分が担当した作品で、演出の方から「凄くやりやすかったですよ」と言って貰えた事があり、励みになりました。

 
 

入社する前と現在で、制作進行の仕事に対するイメージは変わりましたか?

入社する前と現在で、制作進行の仕事に対するイメージは変わりましたか?

 
 

ネット上で情報を調べたら凄い内容を色々と見てしまったのですが、いざ入ってみたら「そうでもないな」という印象でした。
常に忙しい期間は確かにあるのですが、担当の作品・話数の作業が終わった後は休暇をきちんと取る事ができますし、作品の制作中も24時間ずっと仕事に追われ続ける訳ではなく、スケジュールの先回りができてさえいれば睡眠時間も休憩時間もきちんととることができます。忙しさと余裕のメリハリはあるのが、入ってから印象が変わった点です。
また、描かれた絵や作業の終わったデータを回収したり届けたりする事以外に、担当する話数に関する打合せに出席する事も、制作進行の重要な仕事だと思うようになりました。

 
 

今、最も関心のある事(出来事や作品、人物など)は何ですか?

今、最も関心のある事(出来事や作品、人物など)は何ですか?

 
 

アニメ関連のインタビュー記事を読むのが最近好きです。
『この世界の片隅に』の片渕須直監督インタビューなどを読んだのですが、クリエーターの考えている事を知る事ができるのが、良い刺激になります。
あとは、AMV(アニメ・ミュージック・ビデオ/海外のアニメファンによる、日本のアニメ作品複数を再編集してミュージックビデオの体にしたもの)が、日本のMADムービーとはまたちょっと違う面白さがあるなと思って見ています。海外では音楽に沿ってアニメの映像をつける作り方で、日本での映像をベースに音楽をつけている作り方とは対称的なのが特徴です。
日本で作られた「アツい」ものが、海外でも同じ熱量をもって受け入れられている事の一例として、興味深く見ています。

 
 

自身の将来の夢や目標について、教えてください。

自身の将来の夢や目標について、教えてください。

 
 

アニメに関わる小さなイベントをやってみたいです。
現場の熱量を伝えられるようなイベントを、インターネット配信などで。
こういったイベントはまだコアな人達を相手にしか出来ていない所があると思うので、もう少し対象を拡げられればと思っています。
当面の目標としては、与えて貰った仕事に関して、自分の最高のパフォーマンスでやりたいとは思っています。
制作進行がいないと作品が作れない、という気持ちを持ち続けたいです。

 
 

最後に、WIT STUDIOを応募される方にひとこと、お願いします。

 

入ってみて辛い事も色々あるのですが、どの会社にも負けない人達が揃っていて、みんなカバーしてくれます。心配しないで応募して下さい。

 募集要項を見る

その他のメッセージについて

  • トップメッセージ
  • 制作進行
  • 設定制作
  • 制作デスク
  • 演出
ページTOPへ