先輩社員インタビュー 片桐孝 設定制作先輩社員インタビュー 片桐孝 設定制作

あなたの現在の仕事内容を教えて下さい。

あなたの現在の仕事内容を教えて下さい。

先輩社員インタビュー 片桐孝 設定制作

直近ではTVアニメ『恋は雨上がりのように』の設定制作を担当していました。 設定制作の業務内容は、作品の世界観やルールといったものを「設定」という具体的なものに落とし込み、作品に関わる全ての作業者にそれを共有することです。
アニメーションは多くの人達の共同作業によって成り立っています。 しかし、業界はフリーの方も多く、セクションも膨大なので、働き方が皆それぞれ違ってきてしまいます。
その中で”同じ一つのもの”を作るにはどうしても”共通のルール”が必要になります。 同じキャラ、同じ場所、同じ色、監督がイメージするその世界観を共通ルールとして決め、デザイナー達に発注し、絵(キャラや背景など)を描いてもらいます。 描いてもらった絵を共通のルール=「設定」化し、各セクションに伝達します。
沢山のアニメーター達が、一つの絵を描くという分業化を可能にしていくことが、設定制作の使命になります。

今まで仕事をしてきた中で、一番印象に残っている出来事を教えて下さい。

今まで仕事をしてきた中で、一番印象に残っている出来事を教えて下さい。

先輩社員インタビュー 片桐孝 設定制作

『恋は雨上がりのように』の渡辺歩監督の描く絵コンテ、レイアウト修正に大きな衝撃を受けました。
一言で言うと、美的センスが圧倒的です。
何でもないただのレストランのコップ一つでさえも、構図や画面処理によって最大限に美しく魅せる。心が震えました

あなたの現在の仕事の「やりがい」を教えてください

あなたの現在の仕事の「やりがい」を教えてください

先輩社員インタビュー 片桐孝 設定制作

アニメというのは、その時の条件によって変動する『生き物』です。
例えば、アニメーターさん達から絵を頂き、監督たちにチェックしてもらいます。その際、何かの拍子に絵の順番が間違って並んでしまったまま、次のセクションに回してしまうとキャラの目や口、手などの素材が描かれないという事故が発生したりします。
しかし、逆に考えれば素材を確認するという単純なことを守るだけで、作品クオリティは恐ろしく上がります。
事故処理に割くコストを他のクオリティの低い部分を治すコストに割け、才能や技量だけでなく、そういった側面を的確に理解し、作品のクオリティを自分でコントロールしていくことが、今の作品作りに対するやりがいになっています。

入社する前と現在で、仕事に対するイメージが変わりましたか?

入社する前と現在で、仕事に対するイメージが変わりましたか?

先輩社員インタビュー 片桐孝 設定制作

とても変わりました。入社時は、アニメ業界は芸術的な側面だけが大事とされる特殊な業界と思っていました。しかし、決してそうではありません。
アニメーターさんや外の会社の方たちとお仕事をする際、コミュニケーションは当然必要になりますし、スケジュール管理が大切な仕事だと感じます。
これは、一般の会社でも不可欠なことで価値観に大きな違いはありません。
アニメ業界も、社会的側面が重要だということを理解できてとてもよかったです。

自身の将来の夢や目標について教えてください

自身の将来の夢や目標について教えてください

先輩社員インタビュー 片桐孝 設定制作

今後はクリエイター側に立ちたいと言う思いがあります。この先演出、監督とキャリアアップしていきたいです。
しかし、生活の全てをアニメに捧げるつもりはありません。多くの本を読みたいし、運動もしたいし、楽器だって挑戦したいと考えています。
自分にとって充実した私生活を生きる為に、今後上手く仕事をコントロールしていくことが目下の目標です。

WIT STUDIOを応募される方にメッセージをお願いします。

WITはアニメ業界の中でも屈指のクリエイターの方々がおられます。
絵の魅せ方に関して、何が良く、何が悪いのか素人でも肌で感じるほどクオリティの高さを直接体験できます。
本当にすごいものに触れることで既存の価値観が一転すると思います。
それを体験できるのはこの会社ならではだと思いますので、興味のある方はぜひ応募してみてください。

ページTOPへ