先輩社員インタビュー 西原恵利香 原画先輩社員インタビュー 西原恵利香 原画

あなたの現在の仕事内容を教えて下さい。

あなたの現在の仕事内容を教えて下さい。

  先輩社員インタビュー 西原恵利香 原画

主に原画という仕事をしています。原画とは、アニメの動きの要点となる絵を描くことです。
その他に『恋は雨あがりのように』で各話数に必要な衣装設定と作画監督を担当させていただきました。『恋雨』は原作があるので、そのデザインを元にイメージを保ちつつ、アニメで動かしやすい設定に起こし直すことに試行錯誤しました。

 

今まで仕事をしてきた中で、一番印象に残っている出来事を教えて下さい。

今まで仕事をしてきた中で、一番印象に残っている出来事を教えて下さい。

先輩社員インタビュー 西原恵利香 原画

アニメの仕事をする前はアパレルの販売員をしていたのですが、その時お世話になった先輩に「『恋雨』観てるよ」と連絡いただいて「衣装設定しています」と報告した時、「関係ない職種だと思っても経験って糧になっていくんだね」と言っていただいたことです。
周りに比べて業界に入るのが遅かったことを少しコンプレックスに感じていましたが、今までやってきたことは何も無駄にはならないんだと思えた瞬間でした。

 

あなたの現在の仕事の「やりがい」を教えてください

あなたの現在の仕事の「やりがい」を教えてください

先輩社員インタビュー 西原恵利香 原画

自分のイラストがグッズになったときです。
グッズや自分のイラストが雑誌に載った時、親がすごく喜んで飾ってくれました。そのことがとても印象に残っています。イラストでも原画でもキャラクターの魅力を最大限に引き出したいと考えており、その思いが見ている人に伝わった時やりがいを感じます。

入社する前と現在で、仕事に対するイメージが変わりましたか?

入社する前と現在で、仕事に対するイメージが変わりましたか?

先輩社員インタビュー 西原恵利香 原画

WITに入社してから同じスタジオ内に監督、演出、作画、制作まで揃っているので、すべてのセクションを通して作品ができあがっていく過程を肌で感じることにより、自分自身の仕事に対する責任感や作品に対する思い入れが入社時より強くなりました。
作品の最初から最後まで関われるので時間もあっという間に過ぎ、大変なときもありますが、終わったときのみんなで作り上げたという達成感は素晴らしいです。

自身の将来の夢や目標について教えてください

自身の将来の夢や目標について教えてください

先輩社員インタビュー 西原恵利香 原画

この業界に入ったころからキャラクターデザインをするのが夢でいつか叶えたいと思っていました。
最終的には自分の名前の画集が出せるまで頑張りたいです。

WIT STUDIOを応募される方にメッセージをお願いします。

アニメーターという仕事は、常に不安がつきものです。
自分の実力、収入、将来に対して疑問や自信を無くしてしまうこともあります。
しかし、監督から設定を描いてほしいと指名を頂いたり、原画やイラストのオファーを頂くことで、自分への自信や可能性を見つけられる仕事でもあります。
WITは育成の環境が整っており、みなさん優しいので質問すれば相談にのってくださいます。私も初めはアニメの知識がなく、ただ絵を描くのが好きというだけのところからのスタートでした。
しかし、たくさんの方にしっかりと教えていただいてここまでやってこれました。
やりたいことや夢がはっきりしていればチャンスがあり、新しいことにもどんどんチャレンジしていける会社だと思いますので、ぜひ一緒に最高の作品を生み出して行きましょう。

ページTOPへ