先輩社員インタビュー(2)田中正晃 原画先輩社員インタビュー(2)田中正晃 原画

あなたの現在の仕事内容を教えて下さい。

あなたの現在の仕事内容を教えて下さい。

原画、および作画監督をメイン業務として行っています。原画は絵コンテに合わせてカットの設計図をつくる役職です。この設計図に沿って後工程の役職の方々が実際に画面に映る絵素材等を作ってくれるので、絵の上手さだけでなく、伝わりやすく作るという事も求められる役職です。
また、作画監督は原画が作業した設計図のクオリティをチェックし修正する役職です。
演出の意図のくみ取り、絵や演技のクオリティ、キャラの統一等々を確認し必要があれば修正します。

今まで仕事をしてきた中で、一番印象に残っている出来事を教えて下さい。

今まで仕事をしてきた中で、一番印象に残っている出来事を教えて下さい。

先輩社員インタビュー(2)田中正晃 原画

「ポケットモンスター みんなの物語」に参加させてもらったのは自分にとって印象深い出来事ですね。自分は、WIT STUDIO パートの原画として参加しました。劇場で放映できるクオリティの原画を描くという事、まとまった量の原画を描くという事。質と量どちらの意味でも今までの仕事より1つ上のものを求められ、アニメーターとしての自分を成長させてくれました。個人的な意見ですが、成長というのは自分の意識や頑張りで作られるものが半分、もう半分は環境に依存されるものだと思います。なので、そういう場を提供してくれた会社に感謝していますね。

あなたの現在の仕事の「やりがい」を教えてください

あなたの現在の仕事の「やりがい」を教えてください

2つあります。
1つ目は自分が出来ることがどんどん増えていくこと。画面に映せるレベルの絵を一枚描くのでも大変だった自分が、作画監督を務めていて、今では少しずつ演出方面についての勉強もしています。一歩ずつですが確実に出来ることが増えていっている日々にやりがいを感じます。
2つ目は、自分が描いた原画が他の作業者の手により想像以上の画面に仕上がっていた時に感じました。想像していた通りにならない事の方が多いですが、だからこそ良い画面になっていた時は感謝と感動を覚えます。

入社する前と現在で、仕事に対するイメージが変わりましたか?

入社する前と現在で、仕事に対するイメージが変わりましたか?

強いて言うなら、アニメを作る大変さを思い知らされました。
沢山のクリエイター、技術、情熱、そして労働時間(笑)に支えられて出来ている、それは想像以上のものでした。

自身の将来の夢や目標について教えてください

自身の将来の夢や目標について教えてください

先輩社員インタビュー(2)田中正晃

「自立する事」と「選択肢を持ち続ける事」。
また「チームの一員としての自分」と「自立した自分」を両立させる事です。
抽象的ですみません。短期的な目標で言うと、「映像を一本まるっとディレクション出来るようになる事」と「もっと魅力的な映像素材が作れるようになる事」です。

WIT STUDIOを応募される方にメッセージをお願いします。

アニメに関わる仕事は制作会社以外にも結構あります。しかし、制作会社でしか見られない景色は確実にあります。そしてWIT はその質が凄く高いです。おススメです。

その他のメッセージについて

  • トップメッセージ
  • 原画
  • 原画
ページTOPへ